楽天カードの4つのメリット

楽天カード

楽天カードとは、楽天市場で有名な楽天が発行しているカードです。楽天カードは非常にお得なカードで、次のようなメリットがあります。

1. 楽天カードは年会費が永久無料

楽天カードメリット1

まず前提として、楽天カードは年会費が永久無料のカードです。

カードの中には1年目のみ年会費無料で、2年目からは数千円の年会費がかかる、というカードもありますが、楽天カードの場合は全く費用がかかりません。

実際の話として、私は楽天カードを利用していますが、今まで楽天カードのために費用をかけたことは1円もありません!(せこい自慢)

2. 最低2000円分の入会特典!

楽天カードメリット2

楽天カードの驚きは、年会費は永久無料なのに、入会時に最低2000円分の入会特典がつく!ということです。

また、楽天カードはほぼいつも入会キャンペーンをやっているため、実際には5000円分(!)もの入会特典がつくことが多いです。

この時点で「作らない理由は無い」と言えるくらいお得なカードだと言えます。

3. 最低1%という高還元率

楽天カードメリット3

楽天カードは1%という高還元率を誇っています。これは、楽天カードで支払いをすると、ほぼ全ての支払いに対して1%の楽天ポイントが返ってくる、ということです。

クレジットカードを持っていない人の中には「1%で高還元率なの?」と思う人もいるかもしれませんが、普通のカードの還元率は0.5%くらいですので、約2倍の還元率と言えます。

また、ほとんどクレジットカードの場合、ポイント交換が面倒で結局使わないということが多いと思います。この点、楽天カードであれば楽天ポイントに還元してくれるため使いやすいという利点もあります。

4. 年会費無料でも保険が充実

楽天カードメリット4

楽天カードは年会費無料でありながら保険も充実しています。

まずは「盗難保険」が付いています。これは「カードを盗まれて不正利用されたとしても1円も負担する必要が無い」というものです。これによって、安心してカードを使うことができます。

さらに「海外旅行傷害保険」も付いています。これは「海外旅行時の事故に対して最大2000万円(!)もの保険が付く」というものです。ただし、これは旅行に関係する費用を1度でも楽天カードで支払った場合のみ適用されます。

楽天カードの3つのデメリット

以上のように、楽天カードには非常に大きなメリットがあります。しかし、楽天カードには次のようなデメリットもあります。

1. うっかりするとリボ払いにしてしまう

楽天カードは申し込み時にリボ払いをおすすめしてきます。しかし、リボ払いにすると手数料がかかるため、損をしてしまいます。

2. カードの会員サイトが分かりづらい

楽天カードの会員サイトはe-NAVIといいますが、このサイトはごちゃごちゃしているため正直言って使い方が分かりづらいです。

3. メールが大量にやってくる

楽天カードを作成すると、初期設定では楽天カードから大量の広告メールがやってきます。これはおそらく一番困っている人が多いデメリットです。

 

しかし、これらのデメリットは全て対処可能です。

 

1.のリボ払いは申し込み時に注意していれば避けることができますし、2. の会員サイトについては必要な部分だけ覚えておけば大丈夫です。また3.のメールについては(知らない人が多いようですが)配信停止にすることができます。

このサイトは楽天カードのメリットを活かしながら、デメリットを避ける方法をお教えします。

楽天カードの申し込み方法

それでは楽天カードの申し込み方法に移っていきましょう。ここでの一番のポイントは「リボ払いにしないように気をつける」ということです。

まずは楽天カードのキャンペーンページへ行きます。

そして、エントリーボタンをクリックした後に、申し込みボタンをクリックします。(下の画像はキャンペーンをしていない時の画像なので、表示が違います。)

なお、楽天IDを持っていない人はそちらの登録からどうぞ。楽天IDは簡単に登録できます。

楽天カード申し込み1

次に「楽天カード」の申し込みボタンをクリックします。「楽天プレミアムカード」は有料なので注意して下さい。

楽天カード申し込み2

入力画面が出てきますので入力をします。ちょっと量が多いですが、大変なのはここだけですのでがんばって下さい。時間にすれば10分かからないと思います。

なお、このとき

  • ブランドはVisa(一番色々なところで使える)

にするのがおすすめです。また、

  • リボは申し込まない(使うと手数料がかかります)

ようにしましょう!

楽天カード申し込み3

はい、これで楽天カードの申し込みは終了です次は楽天カード側での審査に移ります。

楽天カードの審査

さて、楽天カードの審査ですが、これはほぼ機械的に行われます。しかも基準はかなり緩いようです。

「カード発行手続き完了のお知らせ」

という件名のメールが来れば審査に通っています。なお、私の場合は1日もかからず来ました。本人や仕事場への電話もありませんでした。

楽天カードが到着したらすべき3つのこと

審査に通過して1週間ほどすると、いよいよ楽天カードが手元に届きます。

楽天カード到着1

しかし、ここで安心しないで下さい!

楽天カードが手元に届いたらすべきことが3つあります。それは、「e-NAVIへの登録」「入会特典の受け取り」「口座振り込みのはがきの返送」です。

1. e-NAVIへの登録

まず最初にe-NAVIへの登録が必要です。e-NAVIとは、楽天カードの明細を見たり、登録情報を変更したりといった、楽天カードの基本となるサイトです。

楽天カードが届いたら、このe-NAVIの登録を行います。(登録にはカード番号が必要になるため、事前の登録はできません。)

楽天カード到着2

2. 入会特典の受け取り

e-NAVIに登録すると中に入れるようになるので、右下の「入会特典ポイントを受け取る」をクリックします。これで入会特典の受け取りが完了です。

楽天カード到着3

なお、キャンペーンで楽天カードを作った場合、楽天カードを1回でも利用すると追加で3000ポイント獲得することができます。

3. 口座振り込みのはがきの返送

口座振り込みのはがきの返送も行いましょう。返送しなくても楽天カード自体は使えますが、コンビニでの振り込みになるので手間がかかります。

口座振り込みのはがきは楽天カードと一緒に届くので、記入して返送します。

楽天カード到着4

はい、これで楽天カード作りは全て完了です!

これで入会特典ポイントを獲得した上、普通にカードを使うことができます。

楽天カードの基本的な使い方

続いては楽天カードの使い方に移っていきましょう。まずは基本的な使い方からです。

楽天カードでの支払い方

クレジットカードを既に持っている方には常識になってしまいますが、楽天カードでの支払い方法は次の通りです。

  1. 実店舗で使う場合は、クレジットカードを出してサイン(もしくは暗証番号を入力)する。
  2. インターネットで使う場合は、クレジットカード番号・有効期限・名前を入力する。

はい、以上です。ちょっと常識過ぎましたかね。

ただし、楽天カードの場合はこの後にちょっと変わったことがあります。それは、支払い内容が数日以内にメールで送られてくる、ということです。

例えば、楽天カードで10日に1000円の買い物をした場合、13日くらいに「1000円の買い物をしましたよ」というメールが送られてきます。

これは支払いが正しいものであることを確認するためのメールです。なお、このメールは設定によって来ないようにすることも可能です。(メールの設定については後でまとめて説明します。)

利用明細の確認方法

さきほど楽天カードで買い物をすると支払い結果がメールで送られてくる、と書きましたが、これはあくまでも1件1件の結果であって、まとめた結果(利用明細)ではありません。

利用明細は、e-NAVIから確認します。月に1度「ご請求予定金額のご案内」というメールが来るので、そのタイミングで確認すると良いでしょう。

e-NAVIにログインして、上にある「ご利用明細」をクリックします。すると、「請求金額」「獲得ポイント」「各支払いの明細」などを確認することができます。明細は過去の分も確認することができます。

楽天カード使い方1

そして、口座振替の手続きをしていれば、請求金額は毎月27日(休日の場合は翌営業日)に口座から自動的に引き落とされています。

 

はい、基本的な使い方は以上です。

楽天のe-NAVIにはいろいろな項目がありますが、基本的に必要なのは利用明細の確認のみです。他の部分については特に気にしなくても大丈夫です。

おすすめの楽天カードの使い方

最後に、個人的におすすめする楽天カードの使い方を書いておきます。楽天カードに対する不満第一位(たぶん)の「メール多すぎ」への対策も書いています。

キャンペーンは気にしない

楽天カードには大量のキャンペーンがあります。例えば、現在e-NAVIにアクセスすると、次のキャンペーンが行われていることが分かります。

楽天カード使い方2

これらはあくまでもe-NAVIのキャンペーンなので、「楽天カード感謝デー」や「ポンカンキャンペーン」などの平常キャンペーンも含めれば、さらにたくさんのキャンペーンがあります。

これらのキャンペーンを使えば、たしかにポイントを稼ぐことができます。しかし、2つの理由から、私はキャンペーンを気にしないことをおすすめします。

1つ目は、キャンペーンへの応募が面倒だということです。応募自体はクリック一つで簡単ですが、応募のための条件を確認&達成するのは正直面倒です。

2つ目は、キャンペーンでもらえるポイントはほとんどが期間限定ポイントだということです。期間限定ポイントはポイントを使える期間が10日間ほどしかなく、使い忘れてしまったり、無理に使うために余計な買い物をしてしまうことがあります。

もちろん、楽天カードに慣れてきたらキャンペーンに手を出すというのもありでしょう。しかし、その場合もあまり手を出しすぎずに、「ポンカンキャンペーン」のような費用対効果の高いキャンペーンのみに集中することをおすすめします。

楽天カードからメールが来ないようにする

楽天カードを作ると、とにかく大量のメールが来るようになります。内容は主にキャンペーン案内ですが、キャンペーンを使わない人にとっては不要なメールです。

したがって、これらのメールは解除してしまうのがおすすめです。キャンペーンを使わない限り、メールを解除したところで特に問題はありません。

キャンペーン案内のメールは、e-NAVIの「メール配信の登録・停止」から解除できます。また、先ほど書いたカードを使うと来るメールは、「カード利用お知らせメールの登録」から解除できます。

楽天カード使い方3

これらのメール配信を解除すれば、楽天からメールが来ることはほとんどありません。サービス変更などの重要なメールや、引き落とし額の通知メールは相変わらず届きますが、これは必要なメールなので仕方ありません。

公共料金の支払いを楽天カードにする

これまでの2つは消極的な方法でしたが、最後はちゃっかりポイントを稼いでお得に使う方法についてです。

私のおすすめは、公共料金の支払いを楽天カードに変更することです。例えば、以下の支払いはクレジットカード払いに変更することが可能です(厳密には自治体によって異なります)。

  • ガス料金
  • 水道料金
  • 電気料金
  • 電話料金

また、プロバイダー料金や新聞料金など、他にも定期的に支払うものがあれば、楽天カードに切り替えるのがおすすめです。

このように、定期的に支払うサービスを楽天カード払いにしておくと、ふと気づいたときに1000ポイントくらい貯まっています。そしてまるで無くしたお金を発見したような幸福感を味わえます(笑)

以上、ここでは個人的におすすめする楽天カードの使い方を書いてきました。楽天カードの使い方には一生懸命ポイントを稼ぐという方法もありますが、それはなかなか大変ですし、費用対効果も高いとは言えません。楽にそこそこポイントを稼いでいく方法が、私がおすすめする楽天カードの使い方です。

まとめ

楽天カード

以上、このサイトは楽天カードのメリット・デメリットから申し込み方法、おすすめの使い方まで書いてきました。

最初に書いたとおり、楽天カードは基本的に非常にお得なカードです。デメリットもありますが、それは申し込み方や使い方で対応できます。

まだ楽天カードを作っていない方は、このサイトを参考に作ってみて下さい。